strip me?(DVD付)
●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!さくらん 〜花魁音楽画巻〜
Google

日刊 you tube 映画



★【拡散・MY-TINY】被リンクが増えハウスリストが増える母船サイトの作り方マニュアル★衛星サイトは自動増殖!

OKWeb@ブログランキング

日刊 you tube芸能エンタメ マット・デイモン来日!

日刊 you tube芸能エンタメ
マット・デイモン来日! 『ボーン』最後の旅を語る
MTV News

記憶を失ったCIAの元エージェント、ジェイソン・ボーンが活躍する人気アクションシリーズが、第3弾の『ボーン・アルティメイタム』をもってついに完結する。18日、来日した主演のマット・デイモンが都内で記者会見に応じた。

ブルーのシャツにデニムというカジュアルなスタイルで登場したマットは、「完成してほっとしているよ」と安堵の表情を見せた。「シリーズの中でも今回は一番大変だった」とのことで、「最初の試写会をしたのは公開の1週間前。ギリギリまでどのような反応が得られるかわからなかったから、とてもストレスの溜まるプロセスだったよ」と明かした。

大詰めを迎えたボーンの最後の旅は、世界を股にかけて繰り広げられる。インディーズ映画出身のポール・グリーングラス監督は、3作目に対するスタジオからの注文を恐れて、「なるべく彼らがコントロールできない遠いロケ地を選んだ」とのこと。今作はロンドン、マドリッド、タンジール、ニューヨークなど、海を越えて各地でロケが敢行された。

ゲリラスタイルで行われたという撮影についてマットは、「ロンドンでは撮影だと気づかない通行人にサインや写真をせがまれた。マンハッタンでのカーチェイスなんて、クレイジーとしか言いようがないよね」と誇らしげに語った。「ボーン・シリーズでは観ている人も含め、世界中に旅できるのが魅力の一つ。CGはまったく使っていない、ニセモノや作り物はないんだ」。




日刊 you tube



★【拡散・MY-TINY】被リンクが増えハウスリストが増える母船サイトの作り方マニュアル★衛星サイトは自動増殖!

OKWeb@ブログランキング

日刊 you tube芸能エンタメ

日刊 you tube芸能エンタメ
リッキー・マーティンがハリウッド殿堂入り

ロサンゼルス──プエルトリコ出身の人気ポップ歌手リッキー・マーティンさん(35)が16日、ハリウッドで殿堂入りした。

ウォーク・オブ・フェームに埋め込まれる、星形のネームプレートを披露したマーティンさんは、「これまでやってきたことが認められた。願わくば、これ(プレート)がここに、ずっとありますように」「本当に信じられない瞬間だ」と、喜びを語った。

また、子供たちの権利を守る基金を立ち上げていることから、子供たちの人身売買を強く非難するメッセージを伝えた。

プエルトリコの少年グループメヌード出身のマーティンさんは、1998年のサッカー・ワールドカップ(W杯)フランス大会の公式テーマ曲を歌ったことで知られる。公式テーマ曲のほか、「Livin' La Vida Loca」が日本でもヒットした。

読売新聞


タグ:日刊 you tube

日刊 you tube



★【拡散・MY-TINY】被リンクが増えハウスリストが増える母船サイトの作り方マニュアル★衛星サイトは自動増殖!

OKWeb@ブログランキング

日刊 you tube芸能エンタメ

日刊 you tube芸能エンタメ
山形国際D映画祭大賞に王兵監督「鳳鳴」
山形市で開催中の山形国際ドキュメンタリー映画祭は10日、各賞の受賞者を発表し、インターナショナルコンペティション部門大賞に王兵監督(中国)の「鳳鳴−中国の記憶」を選出した。

 「垂乳女」を出品した河瀬直美監督は特別賞を受賞した。11日に受賞作品のアンコール上映を行い、映画祭は閉幕する。

 王監督は03年に続いて2度目の大賞受賞。「前回と違い、今回はシンプルで小さな作品なので意外だった。このことで映画とは何かを考えることになると思う」と語った。

 約100カ国・地域の969本の応募作品の中から大賞に選ばれた「鳳鳴」は、文化大革命などで迫害された女性新聞記者の人生を描いた作品。

 アジアの新進作家を対象にした「アジア千波万波」部門では、馮艶監督(中国)の「稟愛」が小川紳介賞を、野本大監督の「バックドロップ・クルディスタン」が市民賞を受賞した。

日刊スポーツ


カンヌ受賞の河瀬監督が語る「私自身も命の連鎖の一部」
カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督=写真=は9日、開催中の山形国際ドキュメンタリー映画祭を開催中の山形市で、出品作「垂乳女(たらちめ)」について「命をつなぐことの大切さをこのフィルムに込めた。老いや死と向き合うことで、私自身も命の連鎖の一部と気付いた」と語った

「垂乳女」は2006年の作品。河瀬監督自らの出産体験と養母の老いを通して、授かった命と養母のやがて失われる命を、乳房をモチーフに描いている。

撮影を通じて養母との関係を客観的に見られるようになったとし、「(養母を)失う怖さはなくなったわけではないが、いずれ訪れる死も受け止めたい」と語った。

河瀬監督は1995年、同映画祭で初受賞した経験を踏まえ、映画祭は「今も私の原点であり刺激的な場所」「世界に開かれている扉。一流の人が大勢かかわっているから、若い人にもっと見てほしい」と強調した。

ドキュメンタリーの次回作について「作家の石牟礼道子さんに興味がある。石牟礼さんを通じ天草の人々を撮りたい」とほほ笑んだ。


日刊 you tube芸能エンタメ

日刊 you tube ドラマ



★【拡散・MY-TINY】被リンクが増えハウスリストが増える母船サイトの作り方マニュアル★衛星サイトは自動増殖!

OKWeb@ブログランキング

日刊 you tube芸能エンタメエリカ様

日刊 you tube芸能エンタメエリカ様、10分沈黙…涙 テレ朝2時間
主演映画「クローズド・ノート」の初日舞台あいさつで、不機嫌な態度を見せて話題を呼んでいる女優の沢尻エリカ(21)が4日、テレビ朝日系=メ〜テレのワイドショー「スーパーモーニング」にVTR出演し、「私情を持ち込んだことに対して謝罪します」とあらためて謝罪した。

不機嫌の原因には「ある」としながら「私情を持ち込んだことが問題で、原因が問題ではないと思う」と“真相”は明かさなかったが、号泣してファンや関係者に一連の騒動をわびまくった。

インタビューは、3日に収録されたもので、取材は2時間に及んだという。9月29日の騒動時では、カラフルなワンピース姿だった沢尻だが、同番組ではジーンズに黒いジャケットをはおったシンプルな装いで「私情をファンの前に持ち込むのは、表に出る人間としてはあってならないこと」と反省を口にした。

インタビュアーの赤江珠緒キャスター(32)が「ファンに一番伝えたいことは?」と質問すると、10分ほど沈黙。目には大粒の涙があふれ「あの日の行動がすべてをぶち壊した。人として未熟だった」「出る側の人間として、いろんな期待に応えなければならない立場なのに裏切った形で申し訳ない」と陳謝した。

今回の騒動は、沢尻が初日舞台あいさつで「別に」などと3言しか発せず不機嫌だったことから波紋が拡大。2日の公式ホームページでは、「諸悪の根元はすべて私にある」「責任を取る」と全面謝罪した。

インタビューでは、女優としてのパフォーマンスで、責任を果たす決意も吐露した。関係者によると、一部で伝えられた長期謹慎は「まったくない」という。

ERIKAの名で歌手活動も展開中の沢尻。当面は、セカンドシングル「Destination Nowhere」(11月28日発売)などのプロモーションなどに励む。騒動前の予定通り、今後しばらくは公の場には現れないという。中日スポーツ
Erika Sawajiri Making of Photobook Movie (澤尻繪理香 沢尻エリカ)


沢尻エリカ号泣「人として未熟だった」

映画舞台あいさつでの不機嫌な対応で波紋を広げている女優の沢尻エリカ(21)が4日放送されたテレビ朝日「スーパーモーニング」で「あの行動ですべてを本当にぶち壊してしまった」と語り、泣き崩れた。



日刊 you tube芸能エンタメエリカ

日刊 you tube ドラマ



★【拡散・MY-TINY】被リンクが増えハウスリストが増える母船サイトの作り方マニュアル★衛星サイトは自動増殖!

OKWeb@ブログランキング

日刊 you tube芸能エンタメ堀北真希、悲しい“キス”を振り返る

日刊 you tube芸能エンタメ堀北真希

堀北真希、悲しい“キス”を振り返る

女優・堀北真希が二重人格に初挑戦した映画『東京少年』の完成会見が10月4日(木)に都内で行われ、堀北真希が作品で演じる“完全な男”が、もう1人の自分(女)にキスする強烈なシーンのあることがわかった。

少女・みなととその中に潜み、みなとに恋心を抱く男の人格・ナイトの2役を演じた堀北真希は「いつかラブストーリーに挑戦してみたかった。(恋する)相手が自分ということに戸惑いながら、葛藤の日々でした。完成したものを観て、心に残るものが大きかった」と難しい役どころを振り返った。

『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』に続き、男性役を務めることについては「ドラマの時は男装する女の子だったけど、今回は完璧に男の子。全然違います」とキッパリ。共演の石田卓也と取っ組み合いのケンカをするシーンでは「胸ぐらをつかまなきゃいけないんだけど、(石田は)男の人なのでしっかりしていて動かなかった」と苦戦したようだが、石田は「むちゃくちゃかっこよかった」と“男・堀北真希”を絶賛していた。

また、ナイトがみなとに鏡を使ってキスをするシーンについては「男らしい感じを入れつつ、(何度も)テイクを重ねてやりました。好きな人は鏡のなかにいて、でもそれは自分で・・・悲しかったです」と切ない表情で語っていた。

映画『東京少年』は2008年2月2日(土)より全国順次公開。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。